on line booking tel

technique

エアウェーブとは?

エアウェーブとは湿熱という蒸気の力でかけるパーマの事!
普通のパーマよりもしっかりモチが良く、しかもふんわり柔らかいウェーブ
パーマです。
蒸気を使ってかけると、髪の毛の中のタンパク質が綺麗に移動するので、
モチが良い綺麗なパーマがかかるという訳です!
形状記憶パーマのエアウェーブはかかりにくい髪の毛でもかけられる、
パーマのモチが良い、柔らかいなどメリットがたくさんあります!

エアウェーブのメリットとは?

☆質感が柔らかい。
☆ダメージが少ない。
☆かかりにくい髪の毛にもかかる。
☆再現性が高い。
☆ロングにも緩くしっかりかかる。
☆通常のパーマに比べてもちが良い。
などなどです!

エアウェーブに向いているスタイルや髪質とは?

☆向いている髪質
・なかなかパーマがかかりにくい方
・毛が細くボリュームが出にくい方
・硬めの髪質の方
☆向いているスタイル
・大きくしっかりとしたウェーブのミディアムからロングスタイル
・根元からふんわりウェーブがあるスタイル
(ブリーチ毛orストレートをかけている髪など、髪の状態によっては
かけられない場合があります)

エアウェーブに向いていない髪質、状態とは?

★かなり広がりやすい髪質の方
★縮毛矯正がかかっている髪の毛
★ブリーチ毛
★コテやアイロンを毎日、もしくは頻繁に使っている方
(熱で髪質が硬くなりすぎていたり、ダメージで柔らかくなっている髪質は
綺麗なウェーブを出すことが難しい事が多いです)





エアウェーブの流れ

❶エアウェーブパーマ専用のロッドでワインディング+パーマ1液塗布。
(5分~15分)

❷中間水洗(5分) 一度シャンプー台へ移動して頂き、薬をしっかり流して
いきます。
この作業により、薬が髪についている時間を最小限にしダメージを防ぎます。

❸クリープ(10分~15分) エアウェーブのパーマの機械を装着します。
温度と水分量をコントロールし、毛質内部のタンパク質を移動、
ウェーブに適した状態にしていきます。

❹ガラス化(5分~15分) ロッドにチューブをさしていきます。
このチューブで水分を吸い込み乾燥させていきます。


❺パーマ2液塗布 ガラス化が終わったら、しばらくクーリングします。(2分)
その後パーマ2液をつけて形状記憶が終わります。(10分)

❻ロッドを外してシャンプー台で薬を流して終了です。

デジタルパーマとは?

形状記憶パーマの代表的なパーマ。
最新のデジタルパーマでは以前よりも格段に柔らかく、
ダメージもかなり抑えてかけられるようになりました。
エアウェーブと比べて、ボリュームのコントロールに優れていて、
ボリュームアップ、ボリュームダウンなど、かけ方、デザインによって
幅が効くのが特徴です。
また乾くとカールの形がよりはっきりとしてくる性質があるので、
スタイリングもとても簡単にコテで巻いたような艶が出つつ、
カール、ウェーブが綺麗なヘアスタイルになります。

デジタルパーマのメリットとは?

☆スタイリングが簡単、再現性が高い
☆巻いたような艶のあるウェーブが出る
☆最新の技術ではかなり柔らかくかかる
☆乾くとウェーブが強く出てくるので、スタイリングがしやすい
☆根元の縮毛矯正と毛先のデジタルパーマという同時施術(ストカールができる)

デジタルパーマに向いている髪質

☆パーマがかかりにくい髪質の方
☆髪が広がりやすい髪質の方
☆縮毛矯正がかかっている方
☆髪が硬め、太めの髪質の方、艶の出づらい髪質の方
☆コテやアイロンを普段からよく使う方

デジタルパーマに向いていない髪質

★極端にボリュームの出づらい髪質の方
★ブリーチ毛
★スーパーロングなどの長すぎる髪の毛(髪が長すぎるとロッドの熱が当たらない為です)

☆エアウェーブとデジタルパーマとでは、デザインや雰囲気が違ってきます!
髪質や髪の毛の履歴、ダメージの状態などで一番ベストなチョイスをいたしますのでぜひスタイリストにご相談下さい♪



技術解説一覧へ戻る

PAGE TOP ↑